ページの読み込みに通常より時間がかかりやすくなっています

【GCP】マインクラフトサーバーをつくろう・第1回

GCP

この記事は、Qitta主催の「Google Cloud + Gaming Advent Calendar 2020」3日目(12月3日)のものとなります。


今回は、GCPを利用してマインクラフトサーバーを作成する。

注意:一部GCPの課金対象となる項目があります。詳しくは、この記事を参考にしてください。

インストールするマインクラフトはBE版となる。BE版は、iPhoneやAndroid などでマインクラフトがインストールされた端末で遊ぶことができる。(Switch版には非対応)

GCPに登録

まだ、Google Cloud Platform に登録していない方は、このリンクから新規登録を行ってください。

登録方法に困っている場合は、この記事を参考にして新規アカウントの作成まで行ってください。(新規プロジェクトの作成まで行う必要はありません)

新規GCEインスタンスを作成する

今回は、Compute Engine (GCE)を利用します。では、新規GCEインスタンスを作成します。ホーム画面から横の三本線を選択してください。その中にある[コンピューティング]→[Compute Engine]を選択してください。

選択後、作成を選択します。

VMを作成

作成を選択後、下記写真のように設定をしてください。

赤丸がついている場所が変更箇所です。下記のように設定してあります。

名前minecraft-server (自由に設定してください)
リージョンasia-northeast1(東京)
ゾーンasia-northeast-b
マシンタイプe2-small(2 vCPU 2GBメモリ)
ブートディスクSSD永続ディスクに変更(忘れないで下さい)

上記と同様に設定後、下記の項目を行ってください

ネットワーク設定

1.先ほどの設定画面のしたにある「管理、セキュリティ、ディスク、ネットワーキング、単一テナンシー」を選択してください。

2.ネットワーキングを選択し、ネットワークインターフェース”default”の右側にあるえんぴつマークを選択します。

3.外部IPと書かれた部分にある「エフェメラル」を選択します。

4.IPアドレスを作成を選択

5.IPアドレスの名前を設定。ここでは、minecraft-ipにしています。自由に設定してください。

6.作成が完了すると、外部IPの項目に先ほど入力した名前とIPアドレスが表示されます。

7.ネットワークタグを追加。ここでは、minecraft-netとしています。これも自由に設定してください。これは、後で利用します。

8.ここまで入力が完了したら、下記の写真と同様になっていることを確認し、作成 を選択してください。

これで、新規インスタンスの作成は、完了です!

料金に関して

Always free

今回作成した、VMは、Always freeの対象になりません。

Always freeに対応したものを作成してもメモリ不足で動作不安定になります。どうしてもAlways freeが良いんだ~!!という方は、GCP 公式サイトに詳細が書いてあるのでこれ通りに作ってみてください。マシンタイプ(メモリ不足など)は、後々変更することも可能です。

いつか無料でマインクラフトサーバーをつくってみたをやってみたいと思います。(IPアドレスを固定するとお金がかかるから無理かも…)

次回予告

次回は、サーバーに接続をしてマインクラフトで遊ぶまでを紹介します!

【GCP】マインクラフトサーバーをつくろう・第2回 は、こちら >>>


この記事に関してご質問・訂正がある場合には、コメント欄にてお知らせください。
その他のことに関しましては、こちらから行ってください。


タイトルとURLをコピーしました