【GCP】マインクラフトサーバーをつくろう・第2回

GCP

この記事は、Qitta主催の「Google Cloud + Gaming Advent Calendar 2020」3日目(12月3日)のものとなります。


今回は、前回の記事の続きを書く。(ネットワークポートを解放 ~ マインクラフトに接続)

前回の記事をまだ読んでいない方は、ここから確認をしてください。

ネットワークポートを解放

最初に前回同様、マインクラフトVMを開いたプロジェクトにアクセスしてください。

マインクラフトでは、ネットワークポートudp:19132番を利用するので、解放する必要があります。

左上の三本線から[VPCネットワーク]→[ファイアウォール]を選択します。

ファイアウォール ルールを作成を選択します。

ここで、先ほど入力した(前回の記事)ネットワークタグが必要です。

ネットワークタグを忘れた場合

ネットワークタグを忘れた方は、下記のように行って確認してください。

ネットワークタグの確認方法は、[コンピューティング]→[Compute Engine]を選択します。

VM一覧からマインクラフトのサーバーにするVMの名前を選択します。

真ん中より少ししたぐらいのところにネットワークタグと書かれた部分があるのでそこに書かれているネットワークタグをコピーしてください。(ここでは、minecraft-netとなっています。)

ファイアウォール ルールを作成

では、ファイアウォール ルールを作成していきます。下記のように設定してください。

名前minecraft-firewall(自由に設定してください)
ターゲットタグ先ほどVMにて入力したのと同様のものを入力
ソースIPの範囲0.0.0.0/0
指定したプロトコルとポートudpにチェック
番号(udpの横の欄に入力)19132

上記と同じように入力したら、ファイアウォールの設定は完了です!

VMにSSH接続

前回同様、GCPにアクセスしてください。

アクセス後、[コンピューティング]→[Compute Engine]を選択してください。

Compute Engineにアクセスすると下記のようになっています。(なっていない場合は、前回の記事を参考にしてVMを作成してください。)

一番右側にあるSSHを選択します。

SSHを選択し承認されると黒い画面がでてきます。

これで、VMにSSH接続完了です!

マインクラフトをインストール

root権限を取得

Ubuntuでのroot権限取得方法は、sudo となります。そのため、下記のように入力してください。

sudo su

root権限を取得すると緑色の文字が白色になります。色が変わったことを確認して(ユーザー名@の部分が[email protected]になっているかという方法で確認もできます。)

必要があれば、下記にのっているものも実行しといてください。(アップデート用のコマンド)しようか悩んでいる場合には、実行しといてください。

apt update
apt upgrade

フォルダを作成

マインクラフトをインストールするためのフォルダを作成します。Ubuntuでの新規フォルダ作成コマンドは、mkdirです。

下記のは、例です。

mkdir /minecraft

mkdirの後にフォルダ名を入力するのですが、フォルダを作成する際は、/の後に作成するフォルダ名を入力してください。/の後に入力することで一番上のディレクトリに作成されます。

なので、/以降に設定したいフォルダ名を入力してください。忘れないフォルダ名にすることをおすすめします。

2ページ目: マインクラフトをインストール >>>

コメント

この記事を書いた人

このサイトの管理者。現在、学生。
NiziU大好き。RIO推し!
プログラミングは、趣味程度に。相模原市 新型コロナウイルス感染症対策サイトを作成・運用中(下記のホームアイコンより閲覧できます)

yuuuuu_mmmmuをフォローする
GCP
Assistant App blog
タイトルとURLをコピーしました